未分類

脱毛を受けたあとの肌へのアフターケア

投稿日:

ムダ毛のお手入れは自己処理の時代から、プロのケアの時代に切り替わりました。現代ではエステティックや美容クリニックなど、プロの所属する施設での有料ケアで、ムダ毛の脱毛処理を気軽にできる時代です。人間の体毛には成長のサイクルが存在しますので、エステティックでの処理であっても、美容クリックでのお手入れで契約をしても、いずれも複数回の施設での処理を必要とします。

回数を重ねるほどに、体毛は少なくなるので励みとなります。医療レーザー脱毛でもエステ処理であっても、お手入れをしたあとのアフターケアが、実はとても重要なポイントです。

医療という病院での施術か、世の女性たちを美しくするエステティックサロンでの施術かという、施設的な違いはあるとしても、内容としては体毛の根元組織に存在をしている、毛を成長させる組織のメラニンに、専用マシンでの照射をするということには代わりがありません。このお手入れでどちらにも出てくるのは、一瞬の熱変換ということです。熱が加わるのは毛穴奥の、毛を育てる組織の黒色メラニンに対してですが、本当に一瞬の熱変換は周囲への影響も、全くないとは言えません。

アフターケアとして必ず行うのは、経つによって奪われるうるおいを守るお手入れになります。エステティックの光脱毛の照射はマイルドですが、それでも熱変換をしてダメージを加えるので、エステ処理の後の肌の状態は、軽く熱を持ちますし皮膚はとても乾きやすくなるのを、自分でもわかるくらいに感じます。

エステティックでも肌の乾燥のしやすさを感じるのですから、これが強い照射パワーを可能としている医療レーザー脱毛の照射になると、肌の乾燥はさらにヒートアップをして乾くことになります。だからクリニック施術後であっても、エステティックでの光照射の後であっても、素肌は乾きますので必ずするのは、素肌への保湿というアフターケアです。普段の肌のお手入れでは、多くの日本人女性は顔のスキンケアは日常的に行います。

しかし脱毛の施術は顔だけとは限りませんし、全身脱毛を普通に施設で行う時代ですので、お手入れに通う期間は全身の保湿を心がけることになります。アフターケアで行う肌への保湿に関しては、手持ちの化粧品で構いませんので、とにかく水分をしっかりと満たすようにします。

ボディの場合はドラッグストアに販売されているような、大容量でロープライスの、ボディローションやボディミルクなどを用意して、思う存分保湿に使用をするといいです。肌はとても乾きやすいために、顔の肌もボディの肌も、とにかくローションでの水分を、いつも以上に与えるアフターケアを徹底させましょう。素肌へのローションとオイルやミルクなどでのケアをすると、肌には水分が満たされて肌コンディションは、実に健やかな状態に切り替わることができます。

素肌の乾きをスキンケアで満たしてあげることで、肌のトラブルは少なくなりますし、脱毛も順調になりますので効果にも期待が出てきます。エステティックや美容クリニックでの脱毛をしたあと、アフターケアとして日常の中で、肌を紫外線から守りきることにも意識を向けてケアをします。

光での処理であっても、医療レーザー処理であっても、肌は照射を受けることでデリケートな状態になります。いつもよりも弱い肌の状態は、紫外線のマイナスの影響を受けやすく、日焼けをしやすくなるために、日焼け止めクリームの愛用をする必要が出てきます。医療レーザー脱毛処理でも、エステティックでのフラッシュなどの処理方法でも、脱毛に日焼けは大敵です。

アフターケアとしても、白く美しい素肌を保護するためにも、季節は関係なく日焼け止めクリームを活用しましょう。

-未分類

Copyright© 栃木の脱毛サロン口コミまとめ , 2018 AllRights Reserved.