未分類

レーザー脱毛の仕組みと効果

投稿日:

人間の肉眼で見えている体毛は1本ごとに見えてはいますが、人間の体には100万本から150万本もの体毛が存在します。さらに皮膚の中はとても複雑であり、見た目よりも皮膚内も毛も奥が深いです。毛穴の全体を毛包と呼んでおり、ムダ毛の毛根の奥のところには、毛の成長をする種のような部分があり、その球がもう乳と呼ばれています。

毛乳頭の上にあるのが毛母であり、毛母細胞が何回も細胞の分裂を繰り返して、人間の体には常に体毛が成長をする仕組みになっています。頭皮に存在をする髪の毛であれば、いつまででも丈夫な毛髪が、健康に成長をしてほしという願いがあります。

しかし頭皮の毛髪以外の体毛に関しましては、正直なところ処理をして消え去る方向での対処を、多くの人が希望するのは言うまでもありません。現代の日本の脱毛事情を把握してみますと、自己処理でカミソリ処理を使用する割合もありますが、多くの日本人はエステティックや医療レーザー処理へと、多くの割合は切り替えを果たすケースが多くなっています。特にクリニック脱毛への人気は年々高まる一方であり、医療従事者が行う医療レーザー脱毛という、ハイクオリティーな脱毛が、一般人にも身近になってきた現実があります。

病院で施術を受けることができる医療レーザー脱毛処理は、完全ある永久性を約束された脱毛処理方法です。その魅力に多くの日本人は惹かれていますし、病院という安心感もあるのと同時に、昔よりも費用が低下をしたために、一般人でも支払いができる脱毛料金となったことも、医療レーザー脱毛ユーザーを日本に増加させた要因となります。

その医療レーザー脱毛の仕組みについて掘り下げてみますと、人間の体毛のサイクルに寄りそった医療脱毛の処理であると言えます。人間の体毛は成長をする成長シーズンがありますので、この時期を見計らい病院での、スペシャルな医療レーザー脱毛処理を行います。この時期には体毛が抜ける退行期の時期が訪れて、体毛発毛停止時期の休止期ゾーンへの移行引きとなります。

美容皮膚科や美容クリニックなどの病院で医療レーザー脱毛施術を埋めるのは、ヘアサイクルの成長期ゾーンです。病院の医療レーザー機器の仕組みというのは、人間の持つメラニンのブラックカラーに、レーザーが吸収をする特殊な仕組みを活用しています。

日本人の毛髪も体毛も色彩は基本的に黒いですが、日本人の体毛も毛髪もメラニン色素がたくさん含有されている証であります。レーザー脱毛処理は黒色メラニンへ反応をすることを得意とする機器であり、黒色メラニン色素組織のみを選択して、効果的な破壊で脱毛処理という結果をもたらします。破壊というと少々ダイナミックなイメージですが、人間の肌には悪影響は起きることはなく、破壊されるのは毛の根っこパーツのメラニンだけですので、心配をするのは不毛です。

医療レーザー脱毛のレーザー照射は、黒い毛のメラニン色素に吸収をされて、ほんのつかの間の熱変換となりますので、瞬く間に毛のメラニンは燃焼される現象となります。毛幹細胞を含む毛包は、発毛にも重要となる組織でありますし、栄養を取り入れる役割をする毛乳頭に毛根も重要組織なので、レーザー照射によってダメージがあれば、その効果で脱毛という結果が満たされることになります。

病院でのレーザー照射は1回の処理で、成長ゾーンの体毛の毛根を破壊してしまいます。破壊された毛根組織の毛は、それから7日から10日程の時間をかけて抜け落ちる運命です。押し出されて抜けますが、まだ眠りに落ちている体毛も存在します。

それらは時期が来たら成長をするので、その時にはまた、クリニックなどでの医療レーザー脱毛を繰り返して治療を行います。

-未分類

Copyright© 栃木の脱毛サロン口コミまとめ , 2018 AllRights Reserved.