未分類

全身脱毛の4つのやり方とそれぞれの特徴

投稿日:

全身脱毛のやり方には種類があり、ワックス脱毛と光脱毛、レーザー脱毛とニードル脱毛の4つです。そしてそれぞれの全身脱毛で特徴が違っています。ワックスによる全身脱毛のやり方の特徴としては即効性があることです。

この施術はワックスを塗って貼り付けたシートを剥がすことで脱毛ができるというものですが、ワックスが強力にムダ毛を吸着するために即脱毛ができるやり方です。そのため全身脱毛もスピーディーに行うことができます。

マイナス点としては一応の脱毛はできるものの持続性があまりないことです。あくまでも一時的に脱毛をするというものですのでしばらく時間が経つとまた生えてきます。繰り返しの施術が必要になる全身脱毛の方法であり、持続性を重視する場合にはあまり適していないとも言えるでしょう。

肌への負担が大きいのも知っておくことが大切です。強引に抜きますので肌が赤くなったり、皮膚が弱いとぶつぶつができてしまうこともあります。

続いての全身脱毛のやり方に光脱毛が挙げられます。光脱毛は光線の力で脱毛をするというものであり、毛根を弱体化できるのが特徴です。それによってムダ毛も生えにくくなりますから全身脱毛の効果も維持されます。

また、肌に比較的優しいやり方でもありますので肌トラブルのリスクは低く、むしろ光の作用によって美肌効果をもたらしてくれることもあるのです。ただあまり強力な脱毛方法ではありません。

照射力はマイルドですので脱毛の完了までに時間を要します。そして毛根の働きを弱くするだけですから時間が経過するとまた生えてくることもあるのです。次にレーザー脱毛がありますが、レーザーも光線を用いたやり方です。

光脱毛と施術方法は同じではあるものの、こちらの方が強い光線を照射できるという特徴があります。その強さゆえに永久脱毛ができ、脱毛効果は半永久的に続きます。

そのため持続性を求める時に適している施術と言えますし、また、強力な施術でもありますので効率的な全身脱毛をしたい時にも良いと言えるでしょう。短所としては肌への負担が大きいことです。レーザーは本来、皮膚を焼いてしまうほどの出力があるものですので肌への負担になってしまうことがあります。

やけどをしてしまう例もありますし、また施術の際にも痛みが出てしまうことがあるのです。ただし、レーザー脱毛は医療機関で行う施術ですので万一の時にも治療をスムーズに受けることができます。

麻酔もありますので痛みを軽減した施術も可能です。レーザーが強力といっても無論、安全性が確保された中での施術となりますのでそれほど不安視する必要もないと言えます。最後に挙げられるのがニードル脱毛です。

この施術も基本的には医療機関でのみ行えるのですが、脱毛サロンの中でも用意しているところもあります。ニードル脱毛の特徴は最も強力に脱毛ができることです。

この施術は特殊な針を毛穴の中に挿入して電気を流すというものですが、電気の力で毛根に直接負荷をかけます。非常に強力な出力のために一気に毛根を破壊し、半永久的に脱毛をすることができるのです。しかし短所もある施術です。

まず刺激が強いことであり、電気を流す際に痛みが生まれることがあります。医療機関ですと麻酔がありますので痛みがないままに施術を進めることが可能ですが、脱毛サロンでは麻酔が使えないゆえに我慢が必要になることがあります。

脱毛に時間がかかってしまうのも他の施術と比べて欠点と言えるところです。施術の効率性という面でもあまり高くなく、ひとつひとつの毛穴に施術をしていきますので時間がかかってしまいます。また施術に時間がかかるために費用も高くなりがちであり、他の施術よりも金銭的な負担は大きいです。

-未分類

Copyright© 栃木の脱毛サロン口コミまとめ , 2018 AllRights Reserved.